2006年05月27日

芋づる式分解

 ここまで紐解いてみて、自分がプログラムの仕組みを明確化するとき、たった2つのMECE的分解のフレームワークをつかって作業しているという事実に気がついて、われながら驚いています。
 その2つのフレームワークとは、
(1)「2006年05月22日 分解レベルの判断基準」の記事で説明した「外部入力、外部出力、外部データ、外部処理」で、名づけて「処理に関わる4つの外部要素」
bunkai1.jpg
 
(2)「2006年05月17日 「動作」系の関係の違い」で説明した「登録、更新、参照、削除」で、名づけて「データを操作する4つの処理」
bunkai2.jpg

です。
 実際に作業するときは、(1)で分解した結果、新たなデータが出てきたら(2)で4つの処理を洗い出す。そこで新たな処理が出てきたらそれを(1)で分解する、という具合に、2つのフレームワークを当てはめながら、芋づる式に処理を分解しています。芋づる式に分解できるからこそ、次々と効率よくできるのでしょう。

 このことから想像すると、ヒアリングや原因分析などが得意な人も、実はそんなにいろいろなMECE的分解のフレームワークを駆使しているのではなく、1〜2種類のMECE的分解のフレームワークを使って、芋づる式に分解しているのではないでしょうか?
posted by koppe at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 7.具体例からMECEを紐解く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、せーさんと申します。

メールにてご連絡しようと思ったのですが、アドレスがどこにも
無いようだったので、こちらで失礼いたします。

現在、「ロジカルシンキング情報館」というサイトを運営しておりますが、
訪問して下さっている方々のために有益と思われる
サイトと相互リンクをさせていただいております。

本サイトも大変有益と思われますので、ぜひとも相互リンクさせて
いただければと思いコメントいたしました。

勝手ながら以下にリンクを張らせていただきました。

http://logical.tokusen-info.com/links.html

もしご迷惑であるとか、紹介文を修正してくれとのことがありましたら
ご連絡いただければと思います。

当方のサイトは以下となっております。

サイト名:ロジカルシンキング情報館
URL:http://logical.tokusen-info.com/index.html
内容:ロジカルシンキングの基礎的な内容を事例を交えて紹介して
   います。

大変お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。

せーさん
logical_kanri(a)tokusen-info.com
Posted by せーさん at 2006年05月28日 00:57
せーさん、ようこそお越しくださいました。リンクしてくださったのは、なんとせーさんで2人目です!
せーさんのサイト、簡潔に分かりやすくまとめられていますね。相互リンクさせていただきますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

PS.このサイトの紹介文ですが、koppeのほうだけ「さん」があるのが気になるので、そろえていただけるとうれしいです。
Posted by koppe at 2006年05月28日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18471725

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。