2006年07月23日

「例」のもうひとつの使い方

 mokurenさん、面白い紐解き方ですね。「例」の反対は「推論」ですか。例は、聞く人が見知っているものである必要がありますから、聞く人にとって「事実」と思えるものでないと、「例」としての目的を果たせないですね。
 説明のときに説明した内容が相手に「推論」と受け止められている可能性があるとき、「例」という事実で「推論」を補強する。確かにこのような使われ方は多いですね。でも、例の使われ方はそれだけではないような気がします。
 たとえば、「2006年05月14日 これは一体何MECE?」の記事では、”たとえば「伝票を顧客にFAX送信する」というような機能を実現するための仕組みを明確化するには”と、まず、具体例の説明から入っています。つまり、何かを解明しようとするときに、手にとってみられる「例」という「事実」を手がかりにして「推論」を組み立てる。このような使われ方も多いのではないかと思いますが、mokurenさん、いかがでしょう?
posted by koppe at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 10.具体例とは何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21246835

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。