2006年08月07日

共通点の見つけ方

 前回の記事で、一般に知られている帰納法での例の使い方と、私が具体例から推論を組み立てる時の例の使い方がちょっと違うような気がしたので、厳密には帰納法といえないのでは?と疑問を投げかけました。
 しかし、どちらも「事実」→「推論」という論理の流れは同じです。私の使い方は帰納法ではないのでしょうか?
 そこで、改めて帰納法の説明をよくよくみると、「複数の事実の共通点に着目して一般論を導き出す」とは書いてありますが、共通点を見つけ出す手順には言及していません。
 そもそも、複数の事実の共通点とは、個々の事実のある一部なのですから、共通点を見つけ出すには、ある部分が同じであると分かるまで、個々の事実を分解することが必要です。
 それを行うためにまず1つの事実を分解してその構造を明確にする。つまり、分解方法のテンプレートをつくってから、他の事実にそのテンプレートを当てはめて分解する。その後で、分解された構造の部分同士を比較してどの部分が共通なのかを判断する。私が取り上げた具体例から推論を組み立てるときの例の使い方は、複数の事実の共通点を見つけるための思考手順の1つだということができると思います。
 その結果を人に説明するときは、共通点を見つける手順は特に説明の必要がないので、「複数の事実の共通点に着目して一般論を導き出す」となる。帰納法の一般的な説明と私の記事との違いはそういうことではないかと思うのですが、mokurenさんはどう思いますか?
 
posted by koppe at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 10.具体例とは何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22031182

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。